未分類

エイジングケアには食事が大事!?ビタミンCがおすすめって本当?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

健康な身体と美しいお肌には、食事からの栄養が欠かせません。エイジングケアを意識している方は、食事に気を使っています。今回は、食事とエイジングケアの関係性などについてまとめてみました。おすすめの栄養素も解説しますね。

 
 

食事はエイジングケアの基本

美容やエイジングケアにとって、バランスのとれた食事を取ることは重要なポイントです。栄養素は単独で作用するものではなく、色々な栄養素をバランスよく摂ることで始めて体に良い効果を発揮します。

もっとも3食毎食バランスを取ることは難しいですよね。そんな時は1日トータルのバランスを考えると、バランスの良い食事になりやすいです。お昼ご飯を食べ過ぎたら夜は控えめにする、夜に外食の予定があるならお昼は野菜中心のヘルシーメニューにするなど、1日段位でバランスを整えられるように心がけることが大切と言えます。

 

美肌にはビタミンCが効果的

年齢を重ねてくると、お肌にシミやシワなどのエイジングが現れやすくなります。エイジングを防ぐ為には、抗酸化力のある栄養素を取り入れることが効果的です。ビタミンA・C・Eは、抗酸化力が高く、ビタミンACE(エース)と呼ばれています。若々しい美肌を維持したい人は、バランスの良い食事を前提とした上で、積極的に摂取することがおすすめです。

特にビタミンCは、美白効果やコラーゲンの合成を助ける作用がある上に、老化全般を予防してくれます。野菜に豊富に含まれているので、食事に取り入れると良いでしょう。なお、野菜と聞くと生野菜サラダを思い浮かべる人が多いかもしれませんが、生野菜は身体を冷やしてしまうのであまりおすすめとは言えません。生野菜よりも緑黄色野菜を温野菜にして食べることを推奨します。緑黄色野菜の1日の摂取量の目安は100gです。

発酵食品にもビタミンCが含まれています。また、カロテンなど抗酸化物質を多く含むので、アンチエイジングに有効です。発酵食品によって代謝がアップしダイエット効果を期待することもできます。

 

たんぱく質は1日100gが目安

最近ではダイエットのためにたんぱく質を避ける女性もいますが、たんぱく質は身体を作るおおもとです。全く取らないと返って身体の不調を招く原因になります。たんぱく質は、1日100gを目安に摂るようにしましょう。肉や魚はたんぱく質の含有量が多いので、効率よく摂取できます。

 

◆ まとめ

バランスの良い食事をとることが、美容やエイジングケアに効果的です。1日単位でバランスを整えられるように心がけましょう。バランスの良い食事を前提とした上で、抗酸化力高いビタミンCを摂取することがおすすめと言えます。たんぱく質も毎日きちんと食べることが大切です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*