リンパ

リンパには浅いものと深いものがある?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

美容雑誌などで盛んに取り上げられる「リンパ」。実は浅いものと深いものがあることをご存知でしょうか?それぞれの位置や日常でもできる効果的な流し方をご紹介します。

 
 

浅いリンパと深いリンパ

浅いリンパは皮膚のすぐ下にあり、筋肉の上を流れているリンパのことです。手の甲に見える血管と同じくらいの位置にあると考えるとわかりやすいでしょう。

深いリンパは、筋肉の奥深くにあります。骨の近くを血液の流れに沿って流れているのです。一般的なリンパマッサージだけでは、深いリンパの流れを促進させることは難しいでしょう。

なお、浅いリンパと深いリンパは独立した存在ではありません。あくまで全身を巡っているリンパの流れのひとつです。浅いリンパは、深いリンパに合流しながら、身体の深層にまで流れていきます。

 

浅いリンパと深いリンパの流し方

それぞれの位置にあるリンパの流し方は異なります。

まず、浅いリンパは、リンパマッサージを駆使することがポイントです。皮膚の表面を優しくなでるようにマッサージすることで、浅いリンパが流れやすくなります。いっぱい流そうと強くこするのはNGです。優しく圧をかけることが、活性化につながります。アンチエイジングにも効果的ですよ。

深いリンパは、ストレッチで筋肉をほぐすと、流れやすくなります。特に筋肉の深層部に位置しているインナーマッスルを刺激することが有効です。筋肉が凝り固まっているとリンパの停滞につながり身体の不調の原因となります。こりをほぐすことでより健康的な身体を手に入れることができるでしょう。リンパストレッチはなるべく日常的に行うことがおすすめです。

 

深いリンパを流す日常動作

深いリンパと聞くと、特別なケアをしないといけないのではないかと不安に思う方もいるかもしれませんね。しかし、普段の生活の動作をちょっと工夫するだけでも、深いリンパを流すことが可能です。

例えば、背筋を伸ばして姿勢良く立つと背中のリンパが刺激され、全身のリンパの流れが促されます。大股で歩くことも足のリンパの流れを良くすることに効果的です。疲れやむくみを解消することもできますよ。1分正座をすることも脚の老廃物の除去に有効な動作です。

もちろん、キチンとした知識と技術があるプロにお任せすると、さらに高い効果が期待できます。

 

◆ まとめ

リンパには浅いものと深いものがあり、それぞれの促進に効果的な方法があります。深いリンパはちょっとした日常動作を工夫することでも流れていきますよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*